ロングサマー、ロングビーチ

ジメジメした地獄の沼地を抜けて、やってまいりました。ロングビーチ!

何処をSSに収めても良い感じになるという最高のスポットです。


先ほどの景色とは打って変わって、急に明るく良い天気に。

部族ライクな門が早速出迎えてくれます。


強い日差し、夏っぽさが凄まじい!

そして早速門に入ると……。


やっぱり臭います?

いきなり指摘されてしまった。しかも生臭さにある程度耐性があるだろう狩人に。

流石にあんなにジメジメして死体も沢山ある所に長時間居たので、匂いが移ったようです。

だが生憎着替えも持ち合わせていないのでこのまま進みます。


この村には、組織を裏切って味方になったアサシン、エルフィースの家族が住んでいるそう。

確か、記憶を取り戻したら、実は家族が居たんだった……。組織の決まりで家族が殺されてしまうかも!という話だったはず。

というわけで、急いでエルフィースの家に向かいます。というかアサシンなのに結構明るい場所に住んでるんですね。


ちーん。

まあ、組織を裏切って暫く経ってるみたいだし、そもそも組織の不文律で決まってたからこうなるのも必然……。


倒れ込むエルフィース。

しかし、母子2人で住んでいるはずが、母の死体しか見当たらず。

するとエルフィースが、裏切り者はその息子を拉致してアサシンに仕立て上げて殺させる決まりもあると言い出した。

リアルかは知りませんが、リアリティのある設定ですね……。

そんなこんなで一縷の望みを託して、協力してくれそうなエルフィースの親友を訪ねる事に。

親友の場所はマップの最終地点なので、この道中に色々なクエストがありました。


ロングビーチは、ビーチというより、南国といった方が正しいような土地で、モンスターも南国感のある奴が多く見られます。


トロピカル象。

他にもトロピカルゴリラ、トロピカルライオン等、バリエーションは豊富でした。


そんなこんなでここもヤバい宗教が流行っているらしい。

山の上に停泊している船の上に居るヘビ女を倒せとの事。


何ていうんだっけ、メドゥーサ?

付近には護衛の兵士も居たし戦いづらかったです。

倒したついでに、船の先まで行くと何か船探索の実績を達成。隠し要素とかも沢山ありそうですね。


「ひっ……。」

この後は飛び降りではなくグライダーを上手く使ってゆっくり降りました(-ω-)/


地上は地上で霊体ライオンが沢山回ってたりして。


いったい何をしているんだ。

話を聞くと、この辺りは貴族の狩り場だそう。

有り余る財で珍しい動物を集めてここに入れて、倒して楽しむらしい。なんと悪趣味な。

これに怒ったハリハラ大陸の獣人族「フェレ」が捕らわれた動物を開放しようと暴れています。


フェレの戦士から松明をもらった。

この松明で火を放つのを手伝ってくれと。これ後で問題になりませんかね?


ちなみに周りを照らしてくれるので便利。普通に持ち歩きたい。

火を放ったりフェンスをぶっ壊したり大暴れしながら先に進みます。


進んでいくと、何やら海岸にひたすら砂城を造っている男を発見。

1個作ってくれと頼まれたので私も作る事に。


「腕の見せどころ。」


背の高さの2倍はある砂城を建設したがどうやって上の方作ったんだろう……。

どうやら、この砂城を1000個造ると恋が実るらしいです。しかもどれも壊されてはダメらしい。

波に流されて壊れてしまうのは男も気付いていたようで、砂城を守る防壁を作るように言われました。そうじゃないだろう。

何はともあれ、ガッツだけはありそうだからその調子で頑張って欲しい。


暫く進むと、本格的なリゾート地みたいな場所キタ――(゚∀゚)――!!


今日の宿はどれにしようか?

リゾートの真ん中で新婚さんが見つめ合ってました。


旦那さんの方は色々不満があるようでしたが……。

女性の方の縞々水着はともかくとして、男性側はそれに寄せる必要が有ったのか、疑問が残りました。


近くに合った瓶詰のバラを投げつけてお祝い!

バラの瓶が激しく炸裂した後、旦那さんは不満を言わなくなりました。


リゾート地では初のレンガ作りを体験させて頂きました。


まず泥を集めて……。


竈の温度を適度に上げます。


後は泥を突っ込む!

完成したレンガは持って帰れるのかと思いきや、近くの橋の修復に使われるそうです。強度的に素人生産で大丈夫なんだろうか。

橋は橋で、マーマンが毒液を吐くから、それをマーメイドの体液で浄化して欲しいらしく、さっそくマーメイドを襲います。


体液っていうかシンプルに血。

リゾート地には物騒な砲台が沢山。なんと人間用です。


リゾート唯一の交通手段。

ちなみにこれ、女性ドワーフだと背の高さの問題なのか、入ったら出られなくなりました。発射しても射出されない。

仕方が無いので共用基本スキル「脱出」で近くの復活地点までテレポートしました。


浜辺の方に行くと、見渡す限りの水着、水着、水着!


無料の忍者服だとかなり浮く。


フラスコで飲んでる……?


此方はアクティブなお嬢さん達。キックが強烈。

水着、水着、水着、皆幸せそう~、と思いきや。


何を言っているんだお前は。

どうやら本気らしいです。近くに爆弾が置いてある。

まあ、カップルがいくつか東側に行く事になっても何も問題は無いので、やります。


水平線の彼方へ。また逢う日まで。

すっきりするほどキレイに吹き飛んでいきます。この爆弾、多分人間に使う物じゃない。


オバサンお姉さんの苦悩が見える。

ちなみに、あそこのカップルだけは敵対判定なので、普通に戦いを挑めます。


水着で楽しそうにしやがって!

2ペアくらい葬った所で次に進みます。何せHPが10万くらいあるので、かなりタフです。

こういうおふざけがあるのもArcheAgeの良い所?(‘ω’)


舞台は変わって、今度は急にファンタジックな場所に辿り着きました。

妖精とか居たり、その妖精に記憶を消したい女性がお願いしようとしてたり。


妖精ってデカいんですね。


ファンタジーな木に記憶の粉を振りかけている所。

クエストの動機を除けば、ここだけならかなり正統派RPGしているかも。


更に更に北上します。

見晴らしの良い山を越えて、ロングビーチの目的地ゴールドタンを目指します。


「あれは何の建物だろう?」

昼間は本当に景色が素晴らしくて、お散歩だけでも十分退屈しません。


そして、ゴールドタンに到着。


白い建物に青い屋根が美しい港街。

だが少し様子が可笑しい。住民が敵対してて、近寄ると攻撃してきます。

要件を済ませたらさっさと退散するのが身のためかも。


街に着いたので、ブルーソルト商会のクエストを完了させられます。

どうやら、これがヌイア大陸最後のブルーソルト商会のクエストらしい。


エルフィースの親友とも合流して、アドバイスを聞くと何やら敵が持つ本が必要らしい。


ターゲット発見。

無事に倒して、本を抜き取ります。


こういう任務は忍者服が引き立つね。

これを親友に見せると、中の暗号を解読してくれて、どうやら次の目的地は東側、ハリハラ大陸のようだ。

エルフィースとも大陸を移動した先で合流する事になりました。


クエストがひと段落したので、街並みを上空とか屋根から眺める事に。


物騒だけどとても美しい街並み。

何でこんなに物騒なのかは話があった気がしない事も無いが、聞き逃してしまった。

綺麗な建物をもう少し見たい所だが、わずかにクエストが残っているのでそれを完了しに行きます。


基本的に貴族が多い地域で、海が近いのでとんでもない依頼も多かったりする。

こちらの男性はペットに大きなタコが欲しいらしい。


おかねください。

タコを持ってきたついでに、貴族に諂うSSを撮影。

このタコのせいで、何かちょっと問題が発生したみたいなのでそれも解決しに向かう。


グライダー移動が楽しい地域ナンバーワンかも知れない。


問題が起きたのは此処。いかにもなビーチ。


相変わらず南国色が強い。

砂浜なのでカニも居た。


カニ。

此処では、いつまでも家に帰らない三姉妹の話とか、エターナルなるマジックアイテムとそれを使って封印したクラーケンの話とかがあった。


海中の貝から真珠を取っている所。道具は手に持つだけ。

エターナルで永遠の美を手に入れた女性が永遠が嫌になってエターナル壊したらクラーケンがヤバい、みたいな。


問題のクラーケン。さっきの妖精達が戦ってくれている?

それを新たなエターナルで封印しなおします。封印方法は実は人魚だったエターナル女性が教えてくれた。


エターナルとは一体何なのか。

何はともあれ、これで一件落着です。


この地域は、クエストがよく分からない事が多かったり、大砲から出られないバグが有ったり、そもそもクエストがマップに表示されてるのに見つからなかったりと、景色以外は結構作りが雑でした。

なので一部のクエストはまだクリア出来ていませんが、また暇な時に粘ってみる予定。

次はとうとう西大陸を出て東大陸に行くわけですが、その前に居住地を西大陸に決めたい所。

それでは、今回はこの辺で。ありがとうございました。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする